シリアスを服用する場合、シリアスの併用禁忌薬を避けてください! - シリアスとジェネリック医薬品|世界の市場で堂々の第一位のED治療薬!

シリアスを服用する場合、シリアスの併用禁忌薬を避けてください!

シリアス、バイアグラやレビトラなどのED治療薬には処方できない場合や併用禁忌となる薬があります。ED治療薬シリアスは、誰でも利用できるというわけではありません。身体の状態や過去の既往症、現在服用している薬など、さまざまな要因で服用できないことがあります。現在何らかの病気を抱えている人は、シリアスを服用できるかどうか気になるところです。そこで今回は、シリアスの併用禁忌薬や病気との関係についてご紹介します。


シリアスの有効成分であるタダラフィルは主に肝臓にて代謝されます。その肝臓には多くのCYP3A4(CYP分子種の一種)という酵素が存在し、この酵素がタダラフィルの代謝には必要不可欠。薬剤の中には、このCYP3A4を阻害、または誘導する作用のあるものがいくつかあるので併用禁忌まではいかないまでも注意が必要です。具体的にはCYP3A4を阻害する作用の薬剤と併用することで血中濃度の上昇により、薬が効きすぎたり、代謝が遅れ薬効成分が体内に長く残ったりするので副作用の症状も出やすくなります。逆にCYP3A4を誘導することで代謝を早め、薬が効かなかったり、作用時間が短くなったりすることがあります。またシリアスは血管拡張作用があるため血圧を若干下げる作用があるため、降圧剤(特にα遮断薬)と一緒に服用することで相互作用により血圧が下がりすぎるために注意が必要な薬剤もございます。


もし併用禁忌薬と一緒に服用した場合は、重篤な副作用が現れる場合もあります。高血圧や低血圧といった疾患がある人はシリアスを併用することはできません。自分の体にあったED治療方法については、医師に相談するようにしましょう。現在の服用薬と併用できるかどうかを確認して、満足のいくSEXをしましょう。 


世界で一番売られているED治療薬ーシリアス

シリアス(一般名:タダラフィル)はバイアグラとレビトラに継ぎ、三番目のED治療薬です。国際誕生は2002年10月で、シリアス激安通販中!日本では2007年7月31日5mg·10mg· 20mgの3種類の規格で製造販売承認を取得しています。発売以来、世界100ヵ国以上で1,000万人以上の患者さんに使用されています。2013年8月にはED治療薬(PDE5阻害薬)としての全世界シェアが42%となり世界市場で堂々の第一位となったことが発表されました。


シリアスに含まれている主な成分は、シリアスの有効成分であるタダラフィルです。バイアグラやレビトラといったほかのED治療薬同様、シリアスの有効成分タダラフィルにもPDE-5という酵素の働きを阻害する効果があります。ペニスの海綿体への血液流入を支援する効果を持ちます。これにより、男性器の正常な勃起をサポートします。


バイアグラやレビトラは、食事の影響を受けるED治療薬です。腹7分目までの食事に抑えた後、2時間から3時間ほどの時間を空けないと効果の半減がみられます。食後でも脂質の多い食事であれば、全く効果が出ないことも。そのため、バイアグラやレビトラの効果は、食事に大きく左右されるものといえます。それに対してシリアスは、比較的食事の影響を受けにくいED治療薬です。実際に、18歳の成人男性が高脂肪食を摂取した後にシリアスを服用したところ、大きな効果の半減はみられなかったといいます。

no.1

シリアス 20mg×4錠

シリアス  世界シェアNO1のED治療薬

シリアス  世界シェアNO1のED治療薬

シリアス20mg × 4錠は2003年にイーライリリー・アンド・カンパニーから発売され、2007年には日本でも認可がされた勃起不全のED治療薬としては一番新しいタイプの物になります。発売以来世界中で愛用され2013年にはED治療薬としての世界シェアが42%となり世界市場で1位になりました。


シリアス  世界シェアNO1のED治療薬

シリアスの豆知識

© 中折れ=勃起が萎えるセックスの悩みを解決 All rights reserved.