ED(勃起不全)は、運動をする事で予防できる!効率よく改善できる運動方法や注意点とは

サイトマップ

ED(勃起不全・勃起障害)を運動で改善

ED(勃起不全・勃起障害)を運動で改善

ED(勃起不全・勃起障害)には様々な治療方法があります。
日常生活からEDを予防・悪化防止をしたい方は、運動での改善も考えてみてください。

しかし、EDの度合いが重い場合は運動だけでの改善は望めません
ED治療薬と運動を併用しながらの治療をオススメします。

EDを改善、予防するために、

  • 効率的な運動方法や運動の仕方
  • 注意すべき点

などをご紹介します。

勃起と運動の関係

EDを改善する方法として最も簡単で早く効果があるのはレビトラなどのED治療薬(勃起薬)を利用する事です。

しかし、

病気や服用薬などによってED治療薬を飲めない
根本的にEDを改善したい

そんな方もいます。

加齢や糖尿病によるEDは、ED治療薬を用いなければ改善は難しいです。
しかし、運動不足や生活リズムの乱れといった生活習慣によるEDは、その根本となる生活習慣を正さなければ、根本的な解決とはなりません。

逆にいえば、運動をしてED治療薬を飲みながら治療すれば、効率よくEDが治療できるといえるのです。

血流が勃起を保つ

まず、なぜ勃起には運動が大切かを説明します。

EDは生活習慣と大きく関係しており、運動不足、肥満はEDの原因となってしまいます。
その理由は、勃起の仕組みにはスムーズな血液の流れが欠かせないためです。

性的興奮を感じると、陰茎に血液が流れ込みます。
その状態が続くことで、勃起した状態を保つことができます。

しかし、血液の流れが悪いと陰茎へ血液が流れ込みにくくなり、勃起した状態を保つのも難しくなるのです。
それがEDの状態です。

運動不足になると筋肉が硬くなり、血流の流れも悪くなります。
そして生活のリズムが崩れ、糖尿病や動脈硬化のような生活習慣病になることでも、血流の滞りが起きます。

つまり、EDを改善・予防のためには、そもそも血の流れから改善しなければなりません。

運動をするメリット

運動をすると、以下のようなメリットが得られます。

  • 生活習慣病予防
  • EDの改善・予防
  • 「男性らしさ」の維持

ご存知の通り、適度な運動は脂肪の燃焼を助け、体の血流を良くし、ひいては免疫力の向上にもつながります。

血液の流れがスムーズになれば、健康的な性生活も同時に送ることができるでしょう。

糖尿病や動脈硬化は命の危険にもつながる病気なので、特に働き盛りや体力が衰えてくる30代~50代の方は気を付けた方が良いです。

それ以外に、筋肉が増えることで男性ホルモンのテストステロンが分泌されやすくなる効果もあります。

テストステロンは25歳を境に分泌量が減っていき、男性らしさが減少していくといわれています。

ある研究では中強度の有酸素運動をするとテストステロンの値が増えるという結果が出ました。

テストステロンと運動の実験結果

参考:メタボの原因はホルモン低下、「運動」と「ネギ食」で改善|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

テストステロンは筋肉を作るのに重要な働きをもっています。
運動をすることでテストステロンが分泌され、筋肉によって引き締まった体を作ることができるというわけです。

運動はEDだけでなく様々な面で男らしい男性を作るといえますね。

EDに効果的な運動

EDに効果的な運動

EDを改善・予防する意味で運動は非常に大切ですが、なんでもいいというわけでもありません。

また、普段運動をしていない方や、もともと運度が苦手な方は運動する事自体が大変で、それがストレスになってしまうことも。
そうなればせっかく運動に取り組んでも逆効果になってしまいます。

できるだけ負担の少ない運動で効率よくEDを改善できる運動方法をご紹介します。

スクワット

EDに効果的な運動_スクワット

EDを改善するために、最も効果的な方法はスクワットだとされています。

もともと太ももには大きな筋肉があるため、そこを鍛えるのが筋肉鍛えるために効果的、という考えです。

筋肉を鍛えるだけでもEDの改善が期待できますが、スクワットだと勃起に大切な筋肉を鍛えてくれる効果もあります。

その筋肉とは「骨盤底筋群」とよばれるものです。
骨盤底筋群とは、骨盤底を構成する筋肉の総称。
骨盤底筋は

  • 尾骨筋
  • 肛門挙筋
  • 深会陰横筋
  • 尿道括約筋

以上の4つで成り立っています。

この筋肉群はどのような働きをするのかというと、内臓器官が垂れ下がってこないように下から支えています。

そのため、尿失禁予防トレーニングの際には骨盤底筋群を鍛える取り組みをすることがあるのです。

さらに、陰茎に流れ込んだ血液が逆流してしまうのを防ぐ働きもあります。
これが勃起不全改善につながります。

骨盤底筋群が鍛えられると血液を陰茎に押しとどめることができるようになり、長時間の勃起を助けてくれるのです。

スクワットをすると腰椎も鍛えられるのにも注目です。
下部胸髄から上部腰髄には勃起中枢がありEDに効果的といわれています。

参考:脊損患者の性機能

最後に、スクワットのメリットと注意点をみてみましょう。

  • スクワットのメリット ・・・いつでも、屋内でも行える
  • スクワットの注意点 ・・・正しいフォームで行う

正しいフォームで行わなければ、効果がないばかりか体も痛めてしまいます。
運動をするときは鏡を見て姿勢を確認しながら行いましょう。

ウォーキング・ジョギング

EDに効果的な運動_ウォーキング
  • 毎日続けられる
  • 体に負担がかからない
  • 軽く汗をかく運動

適度な運動に大切な、これらの条件に当てはまるのがウォーキングやジョギングです。

ウォーキングやジョギングは有酸素運動に含まれますが、勃起に対しては以下の効果があります。

  • 体温が上昇する
  • 血液の流れが改善する
  • 血管が活性化する
  • 多くの血液を陰茎に送れる

軽い運動の代表格といっても良く、リフレッシュ効果がありストレス解消にもなるので、精神的にストレスを感じていて勃起しにくい人にとっても良い運動で、一石二鳥といえます。

ただし、もともと運動の習慣があまりなかった方にとっては、汗をかく程度のウォーキングでもストレスになってしまう場合も。
最初から長い距離を速い速度で走るのではなく、少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

サイクリングは注意?

サイクリングは注意?

有酸素運動といえばサイクリングも良い方法です。
ただし、EDの改善・予防として行う場合には注意点が多い運動でもあります。

自転車に乗ると、サドルによって陰嚢と肛門の間にある「会陰」という部分が圧迫されてしまいます。
圧迫すると当然血流は悪くなるので、陰茎に血液が流れにくくなりEDを悪化させてしまうという説があるのです。

サイクリング選手にはEDの方が多いとも言われており、この説を裏付けると噂されています。

しかし、この説には否定的な意見があることも事実です。
2017年5月に行われた米国泌尿器学会(AUA)での報告によると、サイクリングをする方と他のスポーツをする方の間で、EDを発症する人の数に差は見られなかったと報告があります。

とはいえ、長時間サイクリングをしたことがある方ならご存知の通り、長らくサドルに座っているとお尻が痺れることがあります。
結果、会陰の痺れや臀部の痛みが血流圧迫につながらないとも限りません。

そのため、サイクリングをED改善のための運動とするならば、

  • 下半身に負担の少ないサドルを選ぶ
  • 他の運動と併用する

といった工夫をオススメします。

「チントレ」は効果なし?

巷では、ED改善に「チントレ」という方法もあると話題になっています。

PC筋やBC筋といった下半身の陰茎回りにある筋肉を鍛えるという方法です。
主にペニス増大の方法として知られていますが、EDに対しても効果があるとの噂があるのです。

しかし、勃起は筋肉によって起こる訳ではなく、血液が陰茎にとどまることで起こります。
そのため、筋肉を鍛えたところで勃起にはほとんど影響しません。

また、誤った方法で刺激を与えてしまうと逆効果になってしまう危険もあります。
刺激を与え続けることで鈍感になってしまい、EDが悪化してしまう懸念も出てきます。

医学的にはチントレの効果は証明されていないので、安易に行うのは避けた方が良いです。

運動のデメリット・注意点

運動は健康にもEDにもメリットしかないように思えます。
ただし、デメリットや注意点がないわけではありません。それは、

  • 必ず効果があるわけではない
  • 効果があらわれるまでに時間がかかる
  • 定期的に続ける根気・努力が必要

という点です。

長い目で見れば、健康にもEDにもプラスになるため、根本からEDを改善・予防が期待できます。
ただし、EDに関して言えば、必ず効果があるとは言えません。

ED(勃起不全・勃起障害)には様々な原因があり、運動不足以外の要因によってEDになっている方がほとんど。
運動はEDを予防する対策の一つにはなりえますが、運動不足を解消しただけでEDが改善されるとは言い難いです。

また、効果が現れるとしてもかなりの時間が必要です。
運動を始めたからといってすぐにしっかりと勃起するようになるわけではありません。
1ヶ月、2ヶ月、あるいは年単位で様子を見なければなず、なかなか得られない結果に焦れてしまうこともあります。

さらに、これが最も難点かもしれませんが、定期的に運動し続ける必要があります。

運動が大好きな方であれば問題ありませんが、あまり好きでない方は

今日もまた走らなきゃ・・・
辛いけど継続しなければ結果はでない・・・

とストレスになってしまうでしょう。
ストレスはEDの大敵ですが、運動がEDの原因になってしまっては元も子もありません。

運動のように、費用がまったくかからないED改善・予防方法は他にもありますが、時間はそれなりに必要になります。
そのまま忙しさにかまけて続かなくなってしまった、という方も多いようです。

以上のように、運動でEDを改善するには注意をしなくてはいけない点があることも考慮にいれ、自身で続けられるかを検討してみてください。

早く簡単にEDを改善するならED治療薬がオススメ

早く簡単にEDを改善するならED治療薬がオススメ

運動はEDだけでなく、生活習慣病の予防など健康にもプラスが多く、費用をかけずにいつでも始められるというメリットもあります。

ただし、EDの改善にはED治療薬を使うことが最も効果的です。

多少費用はかかってしまうかもしれませんが、簡単にしかも効率の良いED治療だといえるでしょう。
特に、症状が重い場合は運動だけでEDを改善するのは困難な場合が多く、時間も根気も必要です。
あくまで運動は補佐的な手段ととらえ、ED治療薬との併用を検討した方が良いです。

ED治療薬は性行為の前に服用するだけで、最後までしっかりした勃起を維持することができるようになります。

レビトラは即効性があるので、早く効いてほしい、と考える方の役に立ってくれるでしょう。

レビトラやバイアグラなどのED治療薬は病院の処方が必要な薬ですが、海外医薬品の通販サイトを利用すれば、病院へ行かずに家族の誰にも知られることなく購入することができます。

ED治療薬は日本では保険が適用されないため、病院処方だと1錠2,000円前後と大変高額になってしまいますが、通販を利用すれば1錠たったの200円前後でジェネリックを購入することが可能です。

バリフといったレビトラのジェネリック医薬品だと、1錠190円になることもあり、病院処方と比べると10分の1の費用でED治療ができるようになります。

レビトラのジェネリックの通販はコチラ

運動とED治療薬で根本的解決と効率良い解決を目指そう(まとめ)

運動とED治療薬で根本的解決と効率良い解決を目指そう(まとめ)

運動でEDになりにくい体質に改善しつつ、レビトラなどのED治療薬を利用してEDを改善していくのが最も簡単で効率的な改善方法です。

ED治療薬での改善はお金がかかる、といった心配を払拭するための、便利な通販サイトもあるので安心ですね。

EDは放置していると悪化してしまいますので、少しでも早めに対策をするのが大切です。

いくつになっても様々な意味で若々しい男性でいられるように、早めに対策をしましょう。

レビトラの通販はコチラ