カマグラゴールドの副作用:ほてり・鼻づまりなど

おもな副作用
ほてり、頭痛、鼻づまり、口の渇き、胸やけ、動悸、消化不良など

カマグラゴールドは、中折れ等のED(勃起不全)を改善する治療薬です。

どんな薬にも言えることですが、医薬品ですので体質にあわない場合など、稀に副作用が出る可能性があります。

ほてりや顔の赤らみ、鼻づまり、頭痛など軽度な症状がほとんどとなっていますが、正しい飲み方を守ることで副作用の発現率を抑えることができます。

ほてり感や熱っぽさ、顔が赤らむ

カマグラゴールドの一番の副作用として挙げられるのが「ほてり・熱っぽさ、顔の赤らみ」です。

中折れや勃たないと言ったED症状は、股間周辺の血行が悪くなることで引き起こされるのですが、カマグラゴールドはこの血行不全を改善し、正常に戻す効果があります。血流が良くなることで、顔が赤くなったり、熱さを感じることがあり、これが副作用の原因となっているのです。

お酒を飲んだ時に顔が赤くなることがあったり、あるいはスポーツをすると血液の流れが加速することによって熱くなりますが、これと同じ原理になります。

性行為に支障はあるのか?

基本的に、熱くなったり顔が赤らむ程度ですので、セックス行為自体には特に支障はありません。逆に効果がしっかりと出ている証拠であり、硬い勃起に満足できる状態になれているはずです。

赤らみやほてり感は、時間の経過とともに解消されていきます。

鼻づまり感

人によっては「鼻が詰まった感じがした」という口コミがあり、これもカマグラゴールドの副作用のひとつとして挙げられます。

鼻づまりも血流の流れが良くなる反作用として生じていて、風邪をひいたときに鼻が詰まることがありますが、それと同様の症状です。

セックスは運動行為ですので、最中は口呼吸に切り替わることがほとんどです。そのため、性行為に支障が出ると言う方は見受けられません。それ以上にカマグラゴールドの勃起力効果に満足できるという意見が多数を占めているのが実情です。

軽い頭痛

カマグラゴールドだけでなく、どの勃起薬にも「頭痛」の副作用が出る可能性があります。

勃起を硬くするために血流を良くしているため、それが反対に副作用として頭痛を引き起こしてしまうことが稀にあります。軽度な場合がほとんどであり、時間とともに治りますが、性行為に集中できないレベルの頭痛の酷さの場合には、その原因を取り除く必要があります。

吐き気・下痢などの消化不良系

薬に慣れていない体質の方は、吐き気などの消化不良系の副作用が出る場合があります。体から異物を吐き出そうとする自然な反応でもあります。

何度か服用するうちに体が薬に慣れてきて、治まることがありますが、毎回必ず起きる場合には、体質に薬があっていない可能性がありますので、その際は、他の勃起薬に変えてみると良いでしょう。

副作用を出さないために

量を減らしてみる

カマグラゴールドの効果が強く出過ぎているために、警鐘として頭痛などの副作用が起きている場合があります。その際には飲む用量を減らしてみましょう。例えば、半錠で使用している方は、1/4錠で試してみてください。

水を多めに飲む

薬を服用する際、コップ一杯の水または白湯で飲むことが基本となります。胃腸への負担を減らすとともに、副作用の発現を抑えるためです。

軽く食事する

本来、カマグラゴールドやバイアグラは食べ物の影響を受けるとされています。そのため、空腹時での使用が理想となっています。しかし、逆に空腹であることから吸収が早くなり過ぎて、吐き気や頭痛などの副作用を発症する方がいるのも事実です。そのため、毎回副作用が出るという方は、逆に軽く食事を摂ることで改善できる場合があります。

どうしても副作用が出てしまう方は

自分の体質にカマグラゴールドがあっていない可能性があります。

カマグラゴールドの成分はシルデナフィルですので、その成分自体が体質に不適応な可能性が挙げられます。とはいうものの、服用できないことで、中折れなどのEDをずっと悩み続けたくはないものです。その際は、シルデナフィル以外の勃起薬を試してみると良いでしょう。

おすすめとしてはレビトラ(成分:バルデナフィル)、シアリス(成分:タダラフィル)になります。

© 中折れ=勃起が萎えるセックスの悩みを解決 All rights reserved.