中折れを防止する対策|繰り返さない備えが大事

中折れを防止する対策挿絵

エッチの最中に、急に勃起が萎えて中折れしてしまった…。セックスでの失敗は、男の自尊心が大きく傷つきます。また、女性も最後までセックスを楽しめなかったという不満が溜まってしまいます。

中折れしないように、しっかりと対策をして、防止しましょう!

勃起不全の治療薬を服用する

中折れは、精神的なストレスや高齢などによる血流の低下が原因となって、勃起力が落ちることで引き起こされています。風邪を引くと風邪薬を飲み、胃腸が弱ると胃薬を服用しますが、勃起が弱くなっているときは勃起薬を服用するのが中折れの一番の対策であり、防止・改善ができるのです。

現在は、中折れの対策に効果的な勃起薬(ED治療薬)を通販・個人輸入で購入できます。販売されている勃起薬は、この股間周辺の血流を自然な状態に戻す働きがあり、中折れを防止して20代前半の頃のような勃起力にまで向上する効果があります。

人気となっているレビトラ、シアリス、バイアグラなどは、日本の病院でも処方されている有名なお薬であり、その効果は多くの方が実証済みです。

  • 中折れを「すぐに」治したい
  • なるべく手間をかけたくない
  • もっと勃起を強くしたい・硬くしたい

勃起薬は医薬品ですので、即効性があり、飲んですぐに中折れを防止する効果が現れます。そのため、勃起不全(ED)を治す病院でも、中折れを早期に改善・治療するために、まず最初に手堅い対策として勃起をサポートするED治療薬を処方しているのです。

ストレスを発散する

中折れになる一番大きな要因は「ストレス」です。心の内面に悩みの種やストレスがあると、勃起力が弱まってしまいます。

勃起は、興奮するとペニス周辺の血行が流れて起きる生理現象なのですが、心にストレスがあるとセックスに集中できず、無意識のうちに興奮度合が低下して、さらに血流を滞らせてしまうためです。

今の世の中はストレス社会であり、いろいろなシーンでストレスを感じます。そのため、すべてのストレスを排除するのは不可能です。

しかし、発散することは可能です。
特に、自分の趣味に没頭しているときなど、楽しいことに集中するのはストレスの発散になります。
旅行や温泉、サッカーやテニス・マラソン・散歩などのスポーツ、カラオケ・ボーリング・ダーツ、etc

中折れを改善するには、ストレスを発散するのが最も重要な防止方法であり、有効な対策となるのです。

疲れている時は無理をしない

疲れがピークに達している時、セックスして成功することは、なかなか難しいものです。疲れている以上、興奮力が落ち、体力も精神力も低下しています。この状況は、中折れが起きる確率が格段にあがってしまうのです。

可能であれば、パートナー女性に正直に話して、休みをもらい翌日以降にセックスをするのがベターな選択となります。ただし、どうしても当日にセックスをする必要がある場合には、薬を服用することで勃起力を一時的に向上させ、中折れ対策をするのは可能です。

緊張しすぎない

初めての女性とのセックスで緊張して、いざ挿入しようとしたら中折れしてしまった…。

「緊張」は体を硬直させ、逆に勃起を委縮させてしまう感情です。

心の内面に「どうしても成功させたい」「パートナーを満足させたい」。その思いが強すぎると緊張し、逆に失敗してしまうのです。

セックスという行為は一回のみで終わるものではありません。1度失敗したからといって、相手にすぐに嫌われるというものでもありません。
「絶対、成功しよう!」という強い気持ちを持つのでは無く、心に余裕を持って「パートナーを気持ち良くさせてあげよう」という程度の心持ちで臨むことが大切です。

気持ちに余裕を持つことが、中折れを防止する対策として有効です。

適度な体力をつける

セックスは、主に男性が主導となって動きます。そのため、必然的に体力が必要です。

高齢な方だけでなく若い方でも体力の少ない方が増えていて、途中で息切れして中折れを発症している方がいます。

適度に運動することは体力をつけるだけでなく、ストレスの発散にも繋がります。なるべく体を動かして体力を向上させるように意識するのは、中折れの解消に一役買ってくれます。体力を養うことも、有効な対策となります。

ローターやバイブなどの大人のおもちゃを利用する

運動し始めたからと言って、すぐに体力がメキメキ付くということはありません。しかし「セックスシーンが訪れてしまった、まだ体力に自信は無い…でも失敗はしたくない」というのは往々にしてあるものです。そういった場合、ローターやバイブなどの大人のおもちゃを利用すると体力不足を補うのに役立ちます。手軽なローターから検討してみると良いでしょう。

シチュエーションを変えてみる

毎回、同じ相手・同じシチュエーションでは、マンネリとなり飽きてしまったという感情が強くなります。特に顕著なのが夫婦間です。いつも同じ場所で、同じ格好で、同じ見た目で…。
この対策としては、逆のことを考えれば良いのです。マンネリの防止には、いつもと違うシチュエーションを考え、実行してみると良い対策になります。

  • たまには違う場所(ラブホテルや浴室など)で
  • 夜ではなく、午前中に
  • いつもとは違った体位で
  • 綺麗にドレスアップやコスプレしてもらって

マンネリを解消すると勃起が元気になる例として

  • 違う相手とセックスする

というのが、もっとも興奮を呼び起こすのは言うまでもありません。

浮気を薦めるわけにはいきませんが、妻や彼女とのセックスでは中折れしてしまうのに、風俗に行ったらビンビンに勃起したというのは、マンネリを打破した一番のケースということになります。
「シチュエーションが変わって興奮する」ことが、勃起力を呼び覚ます好例と言えるでしょう。

ローションを利用する

風俗で利用されている「ローション」。ヌルヌルスベスベ感を演出してくれ、いつもとは違った感触を楽しむことができるので人気です。

夫婦やカップルでも、簡単に変化をつけることができ、値段も安く、誰にも知られないように通販で購入もできます。手軽にマンネリを解消できるのでオススメできます。

オナニーを控える

セックスの前日や当日にオナニーしてしまい、いざ本番というときに勃起が維持できずに中折れして失敗してしまった…イけなかった…そんな経験のある男性も大勢います。

マスターベーションは健康の証ではありますが、中折れの心配がある場合は、控えることが良い対策となります。

自分の中折れの原因を見直す

すでに中折れを経験済みの方、現在も中折れを起こしてしまう方。

人それぞれに理由はありますが、その原因はいったい何なのか?

原因を知ることが、中折れの改善へと繋がります。二度と中折れを発症しないように、自分の勃起が萎えてしまう理由を探りましょう。

© 中折れ=勃起が萎えるセックスの悩みを解決 All rights reserved.